FXの審査で英語が必要?初心者FX講座

FXと英語の関係性?覚えて得する審査情報 - FXの審査でも一定以上のスコアを記録

FXの審査でも一定以上のスコアを記録

そして両者には更に共通点があります。どちらも「出題」をしているのです。
口座開設をする時に、多くのFX会社ではイエスかノーで答える質問を用意しています。それに対して全問正解である事も審査に大きく関わってくるのだそうです。
ただし、FXでの出題内容は英語とは関係ありません。まあFXには色々と英語を用いた横文字の用語が出てくるので、全くの無関係とは言えないのですが。BIDとASKなどは英語ですね。重要な用語には違いありませんが、それも口座開設をする際に出題される内容とは大きくは関係ありません。
ただし、英語の試験でもFXの審査でも一定以上のスコアを記録する事がマネックス口コミでも求められる点で共通しています。英語の試験では、何パーセント以上の正解率でないと試験に合格ができないというケースも多いものです。FXの口座開設をする際の出題では、全問正解でないと口座開設が難しいという話もあります。
つまりどちらも何かを出題していて、それに対する正解率を見ているのです。
そして繰り返しますが、どちらに対しても職業はあまり重要ではありません。FXの審査ではあくまでも正解をする方が重要なのであり、それは職業よりも重要になってくるケースが非常に多いようです。
このように、英語の試験とFXの審査というのは実は意外と大きく関係しているとも思います。まあ何も英語の試験にかぎらず、別の科目でも構いませんが。
どちらの審査を受けるにしても、職業はあまり問題にならないという点では共通しているという訳です。

共通点と相違点

両者には共通点は多いですが、相違点も有ります。例えば年齢です。
FXの場合は未成年が口座開設の申し込みをすると、相当な高確率で審査落ちとなります。英語の試験ではそうはなりません。実際、アメリカのある機関が実施している英語力測定の試験では年齢は問題にならないからです。
ただし、「全く」問題にならない訳でもありません。19歳以下の方は親権者の同意などは必要らしいのです。もっとも同意さえ得ていれば良いので、実際は年齢は大きな問題にならないと思います。現に英語力測定の試験の中には、子供向けのテストなども有るからです。
しかしFXでは大いに問題があります。未成年だけでなく、高齢者の方も審査が難しいからです。80歳以上の方は、やはり審査に通るのが難しい傾向にあるようです。
しかし英語力測定のテストなどは、年齢の上限もありません。つまりテストの方では年齢は関係ありませんが、FXでは大きく関係ある訳です。そしてFXにとっては年齢は職業よりも重要です。
それと料金にも違いがあります。FXでは一定以上の金融資産を持っている事が求められますが、テストでは金融資産というよりも「受験料」という表現になります。FXの口座開設をする際には無料ですが、テストを受ける際には受験料がかかるのです。
ただし、どちらもお金が必要になるという点では共通していると思います。もっともFXの場合はそのお金を「運用」するわけですが。
お金が必要という点は、どちらも職業よりも遥かに重要になってくると思います。

Copyright(C)2015 FXの審査で英語が必要?初心者FX講座 All Rights Reserved.